読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多汗症の原因って?

多汗症
異常な汗かき(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の原因は、以下の通りになります。 ・精神的要因 ・病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります) ・ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の乱れ ・更年期 ・タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)やコーヒー(モカ、キリマンジャロ、コナ、ブルーマウンテン、グアテマラなど、色々な種類のコーヒー豆があります) 異常な汗かきの要因として最も大きいのが、精神的なだと言われています。 不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)やストレス、緊張により、交感神経の働きが活発になってしまって、大量の汗をかいてしまってます。 また、何かしらの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因で、異常な汗かき(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)を引き起こしている場合もあるかもしれませんね。 特に、中枢神経系や代謝に関わっている病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になってしまったら異常な汗かき(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)になり易いです。 それに、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が乱れてしまうと、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)がおかしくなってしまい、異常な汗かき(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)になるケースもあるそうです。 例えば、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)になってしまうとホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)が乱れがちになる為、自律神経がおかしくなってしまうことも多いでしょう。 これを更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害と呼んでいるのですが、その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)のひとつに多汗があると思います。 それから、タバコやコーヒー(夏にはアイスコーヒーも好んで飲まれます)に含まれている中枢神経興奮剤が交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)を活発にさせるために、汗が出やすくなるケースもあるかもしれません。 異常な汗かき(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の原因は、以上のように?多くのので、自分がどれに当てはまるのかを考えてみて下さい。 そして、それに合わせた改善方法を行うようにする事が大切ですね・