読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多汗症の手術ってしない方がいいの?

多汗症
「異常な汗かき(更年期障害甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の手術はしない方がいい」と言う意見も多いです。 これは、手術をする事によって異常な汗かき(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)を治せる事がありますが、大きなデメリットもあるからとされているのです。 その為に、デメリットを理解してた上で、手術を受けるようにしてください。 では、どの程度のデメリット(メリットだけでなく、こちらについても検討するべきでしょう)があるのでしょうか? 異常な汗かき手術のデメリット(メリットだけでなく、こちらについても検討するべきでしょう)は、次みたいなとなるんです。 ・多額の費用が掛かる ・再発する可能性がある ・自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)になる ・他の場所から汗が出る まず、異常な汗かき(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の手術を受ける場合、10万円程度の費用は必要になると思って下さい。 しかも、手術をしたからといっても、必ずしも治るという保証はなく、再発する恐れもあるみたいです。 また、副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)として、自律神経失調症(人にもよりますが、全身にわたって症状が現れることもあるでしょう)や他の部位から汗が出る代償性発汗(他の場所からの発汗があまりにも多くて、異常な汗かきの手術を受けたことを後悔する人も少なくありません)が起きる可能性が高いのではないでしょうか。 こういったデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)がありますので、手術をうけるかどうかはじっくりと検討されてください。 いきなり手術を希望するよりも、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)や費用面を考えたら、最初のうちは薬で症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を改善をすることを目標とした方が良いでしょう・