読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多汗症は塩化アルミニウムで改善できる?

異常な汗かき(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)に効果があるとしてよく知られているのが、塩化アルミニウムです。 塩化アルミニウムを手や足、脇なんかの部位に塗る事によって、その部位の汗を止めることが出来ます。 塩化アルミニウムは病院で処方を受けることもできますが、ネット通販(実店舗のあるお店やテレビショッピングよりも、同じ商品が安く買えることも少なくありません)などでも気軽に購入することが出来るはずです。 では、なんで塩化アルミニウムで異常な汗かき(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)を改善できるんでしょう? それには、イオンの力が大きく関与しています。 塩化アルミニウムを塗る事によって、イオンの力によってもその部位の汗腺に作用し、汗を分泌しにくく出来るはずです。 その結果、異常な汗かき(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)の症状が治まると言う訳ですね。 ただし、効果がある反面、刺激が強いという問題点もあるそうです。 毎日みたいに使い続けたら肌トラブル(二十歳を過ぎると、これまでとは違う悩みが生じてくるものです)を起こしてしまったりする可能性があるので、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)しないといけないのです。 その為、使用する場合は、低濃度のものから使用して、効果を見ながら次第に濃度を上げていきて下さい。 そして、もし、肌トラブル(若い人でいえね、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。)を起こしてしまった場合は、すぐに使用を中止し、専門医(産婦人科や小児科の医師は不足傾向にあるそうです)に相談してくださいね・