読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多汗症は漢方で改善できる?

一般的に、薬には副作用がある為、異常な汗かき(更年期障害甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)が改善しても副作用に悩まされる場合もあるらしいです。 その為、病院で処方される薬ではなくて、漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)を使用している人も多いかもしれません。 漢方薬は、心身のバランスを整えて症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善するといった薬ですので、西洋薬に比べると副作用が少ないようです。 西洋薬みたいな即効性はないでしょうが、気を長くもって使い続ける事で、異常な汗かき(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)の症状を改善する事が出来ます。 異常な汗かき(更年期障害甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)に効果があると言われている漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)は、以下の3つです。 ・五苓散(ごれいさん) ・黄連解毒湯(おうれんげどくとう) ・桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう) 五苓散には体の不要な水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を取り除く働きがあり、黄連解毒湯には緊張や不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)を取り除く効果があります。 そして、桂枝加黄耆湯は、汗を調整して発汗を抑える漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)です。 いずれも異常な汗かき(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)の改善効果的でしょうが、どれを飲んでも良いという訳ではなくて、体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)や症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に合わせて飲む必要があるかもしれません。 自分に合った正しい処方の漢方薬でなければ効果が得られありませんから、面倒でも専門の方に相談してみましょう・