読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多汗症は薬で改善できる?

多汗症

異常な汗かき(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)といえね手術のイメージが強いかもしれないですが、薬でも充分に改善出来ますよ。 手術よりも費用がかからないというところもあって、薬で治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を行う方 も少なくないことでしょう。 但し、完治する訳ではなく、あくまでも症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の改善なので、使用を止めた場合は、また異常な汗かき(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が現われます。 異常な汗かき(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)の薬としてよく使われているのは、以下の2つです。 ・プロパンテリン ・トフィソバム プロパンテリンは、交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)を遮断して、異常な汗かき(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の症状を抑制すると言った薬です。 トフィソバムは、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の乱れを改善することによって、異常な汗かき(交感神経が過敏すぎることが原因だと考えられています)の症状を抑える事ができるでしょう。 どっちも異常な汗かき(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)には高い効果を現すので、手術を受けるのに抵抗を感じる人は、薬での治療を行った方がいいですね。 しかし、薬には何かしらの副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)が少なからずあるみたいですから、そのことを十分に理解した上で使用されて下さい。 そして、効果が薄いからと言って、勝手に薬の量を増やしてみたりせずに医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の指示に必ず従うようにしましょう・